引越し料金比較.com
 

値引き交渉ができる内訳料金

引越し料金の内訳には、主なものとして、人件費、ガソリン代、高速道路料金、ダンボール等の梱包資材費、トラック代(購入費・リース料・レンタル料、宣伝広告費、引越し業者の利益などがあります。

このうち、アルバイトの人件費・ガソリン代・高速道路料金・梱包資材費は、各々の引越しにかかる費用なので、どうしても必要な安くできない料金と考えてもらって差し支えないでしょう。

トラック代ですが、これはケースによって異なります。そのトラックが自社所有や長期間にわたって借りているリースの場合は、スケジュールが空いていれば料金を安くすることができます。逆に、小規模な引越し業者が、個々の引越しにおいて、自社で保有していない大型のトラックをレンタルするという場合においては、安くできない料金になります。

宣伝広告費は、引越し事業全体で回収できれば問題ないので、個々の引越しでの値引きは可能となります。

最後に、引越し業者の利益ですね。もし提示された見積り額を高いと感じるなら、この部分が占める割合が高いという可能性が考えられます。正社員の人件費などの経費は、仕事がなくても支払わなければなりません。なので、それを確保するために、カレンダーに空きがある場合は、会社の利益はほとんどない料金まで値引きしてもらえる可能はあります。

 
基礎知識
引越し料金の相場
高い時期と安い時期
依頼する料金の目安

見積もり依頼の注意点
見積もりを依頼する時期
連絡がないことがある

料金の値引き交渉
値引き交渉ができる内訳料金
見積もりが安くなる値切り方

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県